荷造りのポイント

荷造り作業は、想像以上に時間を必要とするものですので、遅くても引越し予定日の2週間前くらいまでには、始めるのが、おすすめです。

転居先や日程、引越業者さんが決まったなら、出来るだけ早めに始め、余裕をもって当日を迎えたいものです。

引越しが始まると、本当に多忙な1日となります。引越し前夜には、ゆっくり体を休めておきましょう。

生活をしていると、どんどん物が増えてしまうため、引越しの荷造りも、どこから始めたら良いのか分からなくなってしまうような場合もあるかと思います。

そんな時には、いらないものを、すべて処分してしまいましょう。引越しと言うのは、不要なものを廃棄するのに良い機会でもあります。
物が少なくなれば、その分だけ、新居での荷解きや片づけも、よりスムーズに進みますし、荷造りそのものの作業量も減らす事が出来ます。

荷造りの順序としては、普段使用しない物から始める事を、おすすめします。

一部屋を、梱包済ダンボールの置き場にしてしまうのも、良い方法かも知れません。そうでもしないと、荷物がいっぱいで、身動き出来なくなってしまう恐れがあります。

コツとしては、まずは、引越し先の図面を用意し、部屋ごとに通し番号をつけます。
その後、それらの部屋に置きたい中身が入ったダンボールにも、同じように、それらの部屋に対応した番号をつけておくようにするわけです。
そうする事で、新居での荷解きや業者さんへの指示も、ぐんと楽になります。

更に、部屋ごとの色でまとめたり、種類別に目印もつければ、ダンボールの中身に何が入っているのかが、すぐに判断出来ますので非常に便利です。

今の季節の洋服は、たんすの引き出しに収納されたままの状態で、ダンボールに詰めるようにすれば、転居先でも、そのまま引き出しに収めることが出来ますので、とても効率的です。

新居で、すぐに使いたいテレビやエアコン等のリモコン類や行方不明になりやすい小物類等は、半透明や透明の衣装ケースなどに入れるようにすると、中身も分かりやすくて便利です。

また、同じように、すぐに使う事になる、タオルやシャンプー、石鹸、下着類等は、自分で持参する荷物の中に、入れておくと良いかも知れません。
トランクに、洗面用具やタオル、石鹸、パジャマ、下着、靴下などを入れて運んでもらうのも、おすすめの方法です。

引越し作業に追われる数日間を、上手に乗り切るためには、一週間の海外旅行に出かける位の生活用品を、手荷物としてまとめておかれるのが良いと思います。